経営計画/Business Plan

経営計画/事業計画の策定サポート

 

経営計画とは?

経営計画とは、企業/自営業の将来の目標を定め、その目標を実現するための方法を明確にするものです。

つまり、経営者が目標とするゴールに対し、どのように辿り着くかを定める「地図」のようなものが経営計画になります。

 

経営計画を作成することで、自社が目標とするゴールに対し、どのように経営を行っていくべきかという施策を考えやすくなりますし、日々の経営管理を行うための指標にもなります。

 

経営計画の意味

 

 

経営計画の目的

経営計画を作成する主な目的には、以下の4つがあげられます。

 

①目標に辿り着く道の明確化

⇒ 施策や、方法とゴールの妥当性を検証できます。

 

施策が不十分なら、この時点でさらに手段を見直したり、目標を修正することもできます。結果として、経営者の目標を達成できる可能性が高まります。

 

経営計画の目的

 

 

②関係者との共有

経営者が何を目標としているのかを明確にして周囲に伝えることができます。

従業員や、金融機関と「経営計画」を共有することで、口頭で伝えるのが難しい「経営方針」・「経営者の考え方」を解りやすく伝えることができ、意思統一を測ったり、協力を仰ぐことができます。

 

 

③融資や補助金に必要

銀行などの融資申込や、政府が行う補助金・助成金の申請にあたっては、「経営計画書」/「事業計画書」を求められることが少なくありません。

特に、創業間もない企業や、個人事業主に対しては、必ずと言って良い程、必要となります。経営計画書が無いと、融資や補助金の申込ができないこともありますので、作成する必要があります。

 

 

経営の質が高まる

企業経営にとって、PDCAサイクルを回し続けることは非常に重要です。

 

目標を持って経営を行った施策と、その結果を検証し続けることで、経営の質は高まっていきます。さらに、経営計画を作成したうえで、定期的に企業の実際の状況と経営計画のずれを確認することは、企業をあるべき姿に成長させていくうえで重要です。

 

PDCAサイクルとは、経営計画を立て、実行し、その結果を検証して、更なる行動を起こって行くことです。

アステップ・コンサルティングでは、経営計画の策定支援だけでなく、その後のPDCAサイクルを行っていくための「体制作り」もサポートさせて頂きます。

 

当社では、PDCAサイクルにおいて最も重要な経営計画や、事業計画書の作成、及び期中管理をサポートいたします。

 

経営計画があると経営の質を高めやすくなる

 

アステップのサービス

本来、中小企業や、個人事業主であっても、「中期経営計画」や、毎年の予算を作成することは必要です。

 

しかし、従業員の人数が限られる小規模事業者や、「経営計画」づくりに慣れていない中小企業にとって、容易に行えるものではありません。

 

また、そのためだけに人員を採用することは、「固定費」の増加に繋がるうえ、せっかく作った経営計画を日々の経営に活かす方法が解らないため、作成を躊躇される経営者が少なくありません。

 

アステップ・コンサルティングの「経営計画作成サポート」は新規で従業員を採用したり、大手コンサルティングファームに依頼するよりも低額で行うことが可能であり、長期に渡って「固定費」になることがありません。

 

 

申込の流れ

アステップ・コンサルティングの経営計画作成サポートのご相談は以下からお願いいたします。

まずは、無料での事前相談が可能ですので、お気軽にご連絡ください。

 

ご相談/お申込みはこちらから

 

正式にお申込み頂いた場合のの業務フローは以下となります。

 

<業務フロー>